物流の効率化とコスト低減に貢献する包装資材を提供

大陽紙業株式会社

包装資材/開発/製造/販売段ボール/パッキングケース/製造販売

プレエントリー説明会予約

私たちの事業

【説明会!8月6日、8日、20日、開催決定!】
当社は創業以来、物流業に必要な包装資材の開発・製造・販売を行ってまいりました。主に段ボールやパッキングケースの製造および販売に力を注ぎ、国際規格であるISO9001を取得するなど、提供する製品の品質はお客さまより高い評価を得ています。今後は時代のニーズに応えるため、包装関連以外の分野にも積極的に進出し、新しい製品の開発にも取り組みたいと考えています。

  1. 物流の効率化とコスト低減に貢献する包装資材を提供

    物流の効率化とコスト低減に貢献する包装資材を提供

    当社は創業以来、半世紀以上にわたり包装資材の開発・製造・販売に携わってまいりました。段ボールを中心とする包装資材は、あらゆる物流に欠かせない製品として、効率化とコスト低減に貢献しています。また、形状が自由に変えられ中身も表現でき、軽量で、扱いやすい製品でもあります。私たちは段ボールを“ファッション”と位置付け、他の製品にはない付加価値の創造に努めることにより、物流業の発展に貢献したいと考えています。そして、包装資材に関わる紙資源のリサイクルを通じて、地球環境の保全にも取り組んでまいります。これからも資源の有効活用、そして環境に優しい企業を目指し、地域の皆さまに信頼される活動に全力を尽くします。

  2. ルートセールスが中心の営業スタッフとして活躍していただきます

    ルートセールスが中心の営業スタッフとして活躍していただきます

    今回募集するのは『営業職』です。既存の取引先へのルートセールスが中心となりますので、お客さまとコミュニケーションを取りながら、信頼関係を深めてもらいます。また、将来は新規開拓(紹介訪問、飛び込み訪問)もお任せしますので、日々の業務を通して営業スキルを磨き、新しい顧客の獲得を目指してください。当社は営業のお仕事だけでなく、お客さまのご要望に合わせて段ボールケースの設計も行っていますので、これらの業務にも携わっていただきます。図面の作成はパソコンを使用するため、簡単な操作ができる方を歓迎。図面の作成やデザイン知識に関しては、先輩社員が丁寧に教えますので、安心して作業に集中することができます。

  3. 時間をかけて包装資材に関わるノウハウと知識を継承していきます

    時間をかけて包装資材に関わるノウハウと知識を継承していきます

    当社は、長年にわたり包装資材に関わる製造・開発の技術を磨き続け、その道に精通するベテランスタッフが数多く在籍しています。今後は、若手の育成にも力を注ぎたいと考えており、万全の教育体制を整え、時間をかけて包装資材に関わるノウハウと知識を継承していきます。当社はルートセールスが中心なので、取引先さまからの信頼は厚く、安定した経営基盤を築いているのが強み。あらゆる物流で活用される段ボール等の包装資材は、通販業が発展した現代において必要不可欠な製品です。長く腰を据えて働ける環境が整っていますので、確かな営業スキルを身に付けたい方はもちろん、包装資材のプロフェッショナルとして活躍することができます。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー説明会予約

仕事内容

【営業職】
●既存の取引先へのルートセールス(社用車使用)
●新規開拓(紹介訪問、飛び込み訪問)
●お客さまの要望にあった段ボールケースの設計
●既存製品の変更
●パソコンにて段ボールケース図面作成

募集職種

総合職(営業職)

続きを見る

先輩社員紹介

  • 得意先への定期訪問(新商品などの打ち合わせ)と新規訪問

    true

    営業部販売

    米田 和正(31歳)
    京都産業大学  経営学部経営学科 卒

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー説明会予約

採用情報

求める人物像・選考基準

true

【求める人物像】

●お客さまが喜んでくれていることに大きな喜びを感じる方
●気配りのできる方
●人とのコミュニケーションを図ることが好きな方

当社は、長年にわたり包装資材の開発・製造・販売に携わることで、物流業の発展をサポートしてまいりました。今後は将来を見据え、若手に技術継承を行いたいと考えていますので、やる気のある方の応募をお待ちしています!

続きを見る

会社情報・採用情報

会社情報

事業内容段ボール、パッキングケース製造販売
設立1937年4月
資本金4,000万円
従業員数75名
売上高28億5千万円  (2018年度実績)
代表者代表取締役社長 大津 晴一
事業所【本社】
〒570-0002
大阪府守口市佐太中町6-18-1
TEL:06-6901-5431 / FAX:06-6901-5391
沿革昭和12年4月 創立。昭和6年に、山菱商事の別会社として、資本金100万円を以て、大陽紙業株式会社を設立。
昭和23年10月 戦災後、一部復旧なりシングルコルゲートマシンの操業を開始。
昭和25年9月 ジェーン台風の風水害により、此花区四貫島より東淀川区南江口町に工場移転。 同時に資本金300万円に増資。
昭和29年3月 資本金1,200万円に増資。
昭和35年11月 東淀川区南江口町より守口市佐太中町6-18-1に移転。同時に資本金1,500万円に増資。
昭和37年11月 日本工業規格表示許可工場となる。
昭和40年3月 資本金3,000万円に増資。
昭和53年7月 資本金4,000万円に増資。
昭和56年10月 コルゲートマシンをオートメーション化へ。
昭和58年9月 リサイクル推進を図り全自動屑梱包処理機設置。
昭和59年5月 新社屋完成に伴いOA化による事務合理化を進める。
昭和62年8月 コルゲートマシン広巾化及び集中制御装置完備。
昭和62年9月 オフコンを導入し受注から売上までシステム化する。
平成2年1月 全自動集中制御盤付4色フレキソフォルダーグルア設置。
平成4年11月 門真税務署より優良申告法人に認証。(第1回)
平成7年4月 全自動2色フレキソダイカッタ設置。
平成7年8月 全自動集中制御盤付4色フレキソフォルダーグルア設置。
平成9年11月 門真税務署より優良申告法人の表敬を受ける。(第2回)
平成11年5月 製版内製化のため印版製版機設置。
平成11年10月 ISO9002を取得。品質システムの確立を行なう。
平成13年11月 新幸機械製4色印刷機を導入し事務所とのオンライン化を進める。
平成14年3月 コルゲータドライエンドを生産性品質向上のため更新。
同時に事務所とのオンライン化を図り工程管理を行なう。
平成14年9月 ISO9001:2000年度版へ移行。
平成14年11月 門真税務署より優良申告法人の表敬を受ける。(第3回)
平成18年4月 全自動集中制御盤付4色フレキソフォルダーグルア更新。
平成18年12月 コルゲートマシンウェットエンドの改修。
平成19年11月 全自動製糊装置の更新。
平成19年11月 門真税務署より優良申告法人の表敬を受ける。(第4回)
平成20年10月 大阪府警より平成20年度の防犯功労者表彰を受ける。
平成21年3月 レンゴー株式会社より資本参加を受ける。
平成21年11月 コルゲータスリッタースコアラ及び生産管理装置の更新。
平成22年8月 ISO9001:2008年度版へ移行。
平成24年11月 門真税務署より優良申告の表敬を受ける。(第5回)
平成25年4月 4色フレキソフォルダーグルアにロボットアーム増設及び更新。
平成25年8月 コルゲートマシンカッター及びスタッカー更新。
平成26年4月 排水処理装置の更新。
平成27年1月 コルゲートマシンウェットエンドの更新。
平成27年8月 全自動集中制御盤付3色フレキソフォルダーグルア更新。
平成28年1月 全自動集中制御盤付4色フレキソフォルダーグルア更新。
平成28年1月 コルゲートマシンブレーキスタンド更新。
平成28年3月 コンピューター基幹システム更新。
平成29年6月 FSC森林認証のCOC認証を取得。
平成30年5月 コルゲートマシンダブルフェーサの更新。
平成30年11月 門真税務署より優良申告法人の表敬を受ける。(第6回)
ホームページhttp://www.taiyosg.co.jp/

採用情報入社後のモデルケース

大学卒 : 総合職(営業職)
採用人数今年度予定 1~5名
昨年度実績(見込) 0名
初年度
月収例
月20万円程度(月給制)
選考例
  1. WEBエントリー締切 随時

  2. エントリーシート締切 随時

  3. 説明会随時

  4. 面接随時

  5. 内々定随時

応募・選考時
提出書類
履歴書、成績書
その他の
ポイント

平均勤続年数15年以上、家族手当あり

連絡先:
大陽紙業株式会社
〒570-0002 大阪府守口市佐太中町6-18-1
総務 山越
TEL:06-6901-5435 / FAX:06-6901-5391